red orange yellow green blue pink

仕事のトラブルを最小に抑える方法

仕事は人間が行う事なので、誰しもトラブルは避けられないと思います。そのため、被害を小さくして問題を最小限で片付けるために対処方法を考えておきましょう。
特に看護師のような仕事で働いた場合、トラブルへの対処方法を間違える事によって患者さんの生命に危険を与える場合があります。例えば採血や看護技術で失敗してしまった場合、大事でなければまずきちんと患者さんに説明した上で仕事を続けましょう。特に採血のような職務は、患者さんの身体に傷を付けてしまうので、しっかりとした説明をしなければ苦情が入ってしまいます。
問題が収まりそうもない場合は、必ず先輩や上司にすぐに報告しましょう。特に、新人時代であれば自己対処のしようがありませんので、患者さんの命に問題が発生しないように動く事が大切です。
職場でトラブルを犯した場合に最も避けたいのが、問題を隠蔽してしまう事です。患者さんと自分自身の間で起こった問題は、黙っていれば人にバレないと考えられがちですが、こうした対処を続けた場合問題は拡大してしまうばかりです。些細なミスは先々への勉強に繋がりますので、まず自ら報告する事が大切なのです。特に看護師はチームワークが大事な職業ですので、ミスをきちんと自己申告する事によって周りの人達から信頼を得られるようになるのです。失敗をしたことがない人はいないのですから、きちんと報告しましょう。自分自身のミスを隠し続けた場合、逆に不審に思われてしまう事もありますので注意が必要です。また、きちんとした報告が行えるように普段から先輩や上司と良い関係を築く努力も大切です。